記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の旅の終わりも間近なので、思い出に残った地域を独断と偏見で選んでみた。パート①

こんにちは!(・∀・)ノ

相も変わらず、お手本のようなニート生活を堪能しております…


表題でも発表した通りなのと、blogのネタになるような出来事が皆無の為、今年、自転車で回った印象に残っている地域を幾つか振り返りたいと思います。

順位と言うわけでは無く、旅の経路と共に各地を振り返っています。
又、あくまでも僕自身の印象に残っている場所で、絶景とか万人にお勧めするスポットでは無いのでその辺はご了承下さいませー。



・岩手県花巻市、花巻温泉郷


これは旅に出る前の写真なのですが、旅のいろはも分からぬ当時の僕は、取り敢えず寒い中走る訓練を積むべく、今だと絶対に走らない用なバッドコンディションの中、100キロ程自転車で走ったのでした…今でも中々の暴挙と思えます。雪の降り積もる中走るのは後にも先にもここだけになるでしょう。笑


・岩手県岩手郡雫石町、自宅


旅の初日、自宅庭からの景色です。今思い出すと、岩手山をバッチリ見る事ができる絶景に近い用なロケーションの場所に住んでいました。
旅に出る前と、旅に出た後、経験を重ねる毎にこの写真の見え方が変わっていく気がします。


・青森県上北郡おいらせ町、スズキ理容


青森、太平洋側を北上してる際に突如現れるガンダム。理髪店の筈なのにガンダムヘッドの中がカラオケルームになっており、その中で一曲歌わされたのは、今思うと良い思い出。


・青森県下北郡佐井村、仏ヶ浦


景色が印象に残ってる訳では無い。ここに来るまでの数々の峠。ここを去ってからの数々の冬季閉鎖中で通行禁止の道。この連続で旅を初めて数週間で「死」を意識した地域。幸い暖かい人にお会い出来て事なきを得た事も印象的。


・福島県南会津郡下郷町、大内宿


歴史的な建築物の印象も去ることながら、関西から観光に来ていたおば様に猛烈に応援してもらえた。この地区で合った方からは今でも定期的に便りを頂きすごく励みになっている。


・東京都新宿区、新宿タイガー


新宿の生きる伝説「新宿タイガー」を2日間探し歩いて捕らえた写真。会話こそたいして出来なかった物の、何人生活しているか分からない東京で、ただ1人の人を探し当てれた事はある種の自分の自信に繋がっている。気がする…笑


・東京都小笠原村、小笠原諸島


国内に居ながら、初めて異国と思える場所だった。旅人としての出会いも広がり、人間性も少し成長出来た気がする?
この写真は小笠原の港から船が出向する際、村人総出で見送りしてくれる際の1枚。僕らの乗る船をずーっと追い掛け、最後には島民は海にダイブして僕らの船出を見送ってくれる。感動した。


・神奈川県鎌倉市、鎌倉大仏殿高徳院


見ての通りの鎌倉の大仏。何だかわかないが僕的にはすごく好きな場所だった。
この後、生しらす丼を食べた店では、旅を応援してもらい、悪ふざけとも思える大盛丼を出してもらった事も記憶に残っている。


・愛知県蒲郡市、三河大島


僕の旅計画が良くも悪くも大きく狂った地域。と言うのも、偶然の出会いから兎に角沢山の経験をさせてもらえ、自身でも第2の故郷も思える程、貴重な体験が出来た。(実際に住所を移しました。笑)人生で1番服を着ていなかった時期でもある。


・大阪府大阪市中央区、道頓堀


5万円ぼったくられた恐ろしい場所。あの金があれば現在こんなにひもじい生活をしなくても…と。今でも枕を濡らすレベルのトラウマ。


・鹿児島県鹿児島郡十島村、宝島


何となく集まった珍妙な8人が、島民120人程の秘境と呼べるような地域で、島起こしのボランティアに参加した。遊びと仕事の境が分からない用な生活ではあったが、確かにそれで生活が成り立っている人もいて、僕自信の仕事の価値観が大きく変わった地域である。


・アメリカ合衆国ハワイ州、ワイキキ


恐らく僕旅最大の見所であっただろう場所。自分でも何故こんな所に居たのかいまだに理解できない。笑
とてもニートとは思えない用な生活を繰り返し、ガチで金のある人達の生活を真横で見れたのは今後何かに生かせる気がする。


取り敢えずこんな所で第1段は終了します。本当は一記事にまとめたかったですが、余りにも多くなってしまい…笑


ばーっと見返すと僕の旅のキーワードは恐らく、「偶然」と「愛知県」の2つ。旅人に偶然は付き物と思ってはいましたが、それにしてもラッキーとアンラッキーの振り幅が大きすぎる僕の旅。笑


後程、写真と一緒に当時のblogのリンクをそれぞれに付けて置きますので、各地で気になった所が有りましたらそちらも見てもらえると、嬉しいです!




にほんブログ村
↑こちらを押すと、見てもらった記録が僕にも見える形で残り、素直にうれしい気持ちになります。
次のブログも何かが伝わるよう書きたいと思うのでワンクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けんごろう

Author:けんごろう
けんごろうといいます。基本的に原因不明のひねくれ者です。3月に6年勤めた会社を辞め、4月に岩手を出発して本州、国内の4端踏破。国内の世界遺産を回りきることが目標。その間に自分のやりたいことや、生き抜く方法を考えたりしたい。
絵を描くのが割りと好きなので気分で描きます。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。