記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14日目、仙台市内観光(30キロ)

こんにちは。

今日は、仙台市内を1日中観光しました。主な行動としては…

①瑞鳳殿(ズイホウデン)を拝観
②仙台駅周辺で油そばを食べる(割愛)
③仙台のアウトレットに用も無いのに行き、ぼーっとベンチに座り込む(割愛)
④ハローワークに行くため岩手に戻る(割愛)

とこんな感じです。

さて、瑞鳳殿ですが、こちらはかの有名な伊達政宗の霊屋といわれている場所です。
私もあまり詳しく知らなかったのですが、下のような画像を見て行くことにしました。

2016042400352408d.jpg

こんな感じのカラフルな写真がたくさん出てきて興味が湧いた訳です。

アクセスは仙台駅から約5キロ程の所です。自転車で行くにも対して苦ではない距離でした。
では早速写真を何枚か添えながら簡単に紹介したいと思います。

まずはこんな感じの石段を昇って本殿へ向かいます。僕この「昇る」という行為が好きです。
なんか特別なところに行く感じがしてわくわくします。(自転車では勘弁してほしいんですが。)

201604240034370cf.jpg

石段を上ると拝観するために券を購入します。(大人550円)
その後門をくぐるとこんな感じの龍の手水舎があります。

20160424003444b7c.jpg

目的の瑞鳳殿はこの鮮やかな門をくぐった奥にあります。

2016042400350300d.jpg

さらに石段を昇るとこんな感じの本殿が見えてきます。遠目でも鮮やかなのが確認できます。

2016042400351330b.jpg

近づくとこんな感じ。装飾が派手で目を引きます。綺麗!

20160424003536aa4.jpg

近くには桃の木?もあり今の時期だとコントラストもきれいでした。

201604240048510db.jpg

同敷地内に徒歩3分ほどの離れた場所にも同じような建物があります。
こちらは感仙殿。同じような装飾が施されています。

20160424003604ada.jpg

東日本大震災ではかなりの被害を受けたようでしたが灯篭などもきれいに復旧していました。

20160424003547583.jpg

伊達政宗は勝手に派手好きのイメージがあったんですが、さらにその印象は強くなりました。わら
でも、何度見ても美しい…

201604240036184c7.jpg


正直僕はすごくお寺が好きだとか、歴史に興味があるとかそういうわけではないのですが、
ここは楽しかったです。一番の理由は「分かりやすく綺麗」これに尽きます。
「造りが他と変わっていて珍しい」とか「歴史がある」とか「有名武将が奉られている」とか
そういう部分は僕にはわからないのですが、ここはとにかく綺麗というだけでとても印象に残りました。
こういう場所に普段行かない方でも楽しめるスポットではないでしょうか?
(ちなみにしっかりとした歴史的な魅力もあるのでそちらが目的の方も充分見応えはあると思います。)

詳しく聞きたい人には、無料のガイドさんもおりそちらの方も親切に教えてくれるようでした。
(私は利用しませんでしたが…)

ここまでで午前中を消費した感じですが、あとは特に面白くもないので割愛。



にほんブログ村
↑こちらを押すと、見てもらった記録が僕にも見える形で残り、素直にうれしい気持ちになります。
次のブログも何かが伝わるよう書きたいと思うのでワンクリックをお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けんごろう

Author:けんごろう
けんごろうといいます。基本的に原因不明のひねくれ者です。3月に6年勤めた会社を辞め、4月に岩手を出発して本州、国内の4端踏破。国内の世界遺産を回りきることが目標。その間に自分のやりたいことや、生き抜く方法を考えたりしたい。
絵を描くのが割りと好きなので気分で描きます。

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。